大人のための高感度ファッション通販 タカシマヤファッションスクエア

プレスリリース

2017.09.20
サイトリニューアル及びサイト名称変更について
2016.09.27
dポイントがたまる・使える「dケータイ払いプラス」を導入
2014.02.13
主要アパレルECサイトで初の試み スマートフォンキャリア決済を導入
2013.06.03
サイトリニューアル レスポンシブWebデザインを採用
2013.05.20
セレクトスクエア×コメ兵「古着やブランド品のポイント上乗せ交換サービス」開始
2012.10.15
セレクトスクエア、画像共有型SNS「Tokyo 100」を公開。
2012.06.25
株式会社高島屋と株式会社セレクトスクエアの業務・資本提携に関するお知らせ

サイトリニューアル及びサイト名称変更について

2017年9月20日
株式会社セレクトスクエア

  株式会社セレクトスクエア(本社:東京都江東区、代表取締役:木村優)は、2017年9月28日に自社が運営するECサイトセレクトスクエア(http://www.selectsquare.com/)の名称・デザイン・機能等を一新し、百貨店のファッション通販サイト「タカシマヤファッションスクエア」(https://www.t-fashion.jp/)としてリニューアルオープンいたします。これを機に、百貨店ビジネスとイーコマースの更なる一体化に取り組み、お客様にリアルとネットのシームレスなお買物体験を提供してまいります。



dポイントがたまる・使える「dケータイ払いプラス」を導入

2016年9月27日
株式会社セレクトスクエア

  株式会社セレクトスクエア(本社:東京都江東区、代表取締役:屬健太郎)は、9月27日より自社が運営するECサイトセレクトスクエア(/)に、「dケータイ払いプラス」を導入いたしました。
「dケータイ払いプラス」とは、「dケータイ払いプラス」でお支払いいただいた金額に応じてdポイントが貯まります。
また、商品等の代金のお支払い時に、dポイントをご利用いただくことができます。

従来の「ドコモ ケータイ払い」と同様、月々の携帯電話料金と一緒にお支払いいただける(電話料金合算払い)他、dポイントやクレジットカード(dカード含む)でのお支払いもご選択いただけます。
なお、ドコモの回線をお持ちでない方でもdアカウントをお持ちであればご利用可能です。

dケータイ払いプラスロゴ


主要アパレルECサイトで初の試み
スマートフォンキャリア決済を導入
〜スマートフォン、タブレット利用への対応強化〜

2014年2月13日
株式会社セレクトスクエア

  株式会社セレクトスクエア(本社:東京都江東区、代表取締役:屬健太郎)は、本日2月13日より自社が運営するECサイト セレクトスクエア(/)に、新たな決済手段である「スマートフォンキャリア決済」を導入しました。スマートフォンキャリア決済では、クレジットカード番号などを入力することなく、契約するキャリア会社での簡単な入力方法でスマートフォンやタブレットの利用料金と合算して支払いできます。導入と同時にドコモ、Softbank、KDDIの3キャリアでの決済が可能となります。

当社では昨年6月に表示サイズを端末に合わせて自動調節するレスポンシブWebデザインを導入し、近年急増するスマートフォン、タブレットでの利用シーンに積極的に対応して参ります。ゲームにおける有料デジタルコンテンツなどには一般的な決済手段ですが、ECサイトでの導入例は少なく、総合アパレルECサイトでは初の試みとなります。


サイトリニューアル
レスポンシブWebデザインを採用
〜スマートフォン、タブレットからの利用に対応〜

2013年6月3日
株式会社セレクトスクエア

  株式会社セレクトスクエア(本社:東京都江東区、代表取締役:屬健太郎)は、本日6月3日より自社が運営するサイトに、スマートフォン(iPhone、Androidなど)やタブレット(iPad、Androidタブレットなど)、PCからの様々なアクセスに対応する「レスポンシブWebデザイン」を導入しました。昨今、爆発的にシェアを高めるスマートフォン・タブレットからのアクセスにフレキシブルに対応するとともに、ソリッドで洗練されたサイトデザインを実現します。

■レスポンシブWebデザインとは
レスポンシブWebデザインは、新たにスマートフォン・タブレット専用サイトを作成することなく、アクセスする端末の画面サイズに対応して、ウェブサイトを表示する方法のひとつとなります。

■レスポンシブWebデザイン採用の背景
近年、スマートフォンやタブレット端末からのアクセスが増加傾向にあり、それらにより積極的に対応するためには、個々のデバイス毎に異なるHTMLソースを用意する必要がありました。そのため開発やテストの工程が増加し、商品画像の入れ替えが頻繁であるファッションECサイトには大きな負担となっています。  レスポンシブWebデザインを採用することにより、時間的、費用的に増加傾向にある費用を圧縮することができ、サイト内のコンテンツをより早く効果的に入れ替えることが可能となります。

レスポンシブデザイン

セレクトスクエア×コメ兵
「古着やブランド品のポイント上乗せ交換サービス」
〜不要になったファッションアイテムを査定し、セレクトスクエアポイントと交換〜

2013年5月20日
株式会社セレクトスクエア

  株式会社セレクトスクエア(本社:東京都江東区、代表取締役:屬健太郎)は、ブランド品や古着を買取販売する株式会社コメ兵(愛知県名古屋市、代表・石原司郎)と提携し、セレクトスクエア会員の古着やブランド品をセレクトスクエアで使用できるポイントと交換するサービスを5月20日よりスタートします。

■不要になったファッションアイテムをポイントと交換して最新の服を手に入れる。
すでに着なくなってしまったクローゼットを占領しているファッションアイテムを処分して、最新のファッションアイテムと交換できるポイントを取得できるというサービスを、両社の提携により実現する事で買い物の楽しさと利便性を高めることができ、リピート顧客を増やす期待が持てます。
コメ兵にとってはセレクトスクエアの顧客はファッション感度が高く良質な商品を所有していると期待できる為、新しい良質な商品の供給源を確保することができます。

■査定金額にプレミアムを上乗せしたセレクトスクエアのポイントとして交換
セレクトスクエアを経由しコメ兵の専用フォームでお申し込みいただくと、通常の買取価格より衣料品などファッションアイテムを最大20%上乗せしたポイントと交換されます。セレクトスクエア以外で購入した商品も対象とします。

ポイント獲得までの流れ

セレクトスクエア、画像共有型SNS「Tokyo 100」を公開。
ファッションを愛する消費者同士のスナップ写真をシェア
- 東京発の流行ファッションを海外にも発信 -

2012年10月15日
株式会社セレクトスクエア

株式会社高島屋のグループ会社である株式会社セレクトスクエア(本社:東京都江東区、代表取締役社長:屬健太郎)は、ファッション情報共有ソーシャルネットワークサービス「Tokyo 100(トウキョウ ワンハンドレッド。以下、Tokyo 100)」( http://www.tokyo100.jp/   )を公開いたしましたので、お知らせいたします。

Tokyo 100では、Pinterest同様、ユーザーが好みの画像やテキストを共有し、タイムライン上に表示される画像の評価を行ったり、コメントを掲載したりすることができます。さらにFacebookやTwitterと連携させることで、コンテンツをより多くのユーザーへ拡散することが可能です。世界で最もファッションに敏感な都市、東京の"最旬"のファッション情報を公開していくと共に、登録した会員同士が、思い思いのファッション情報やスナップ写真を共有していく場として、日本語および英語でのサービス提供をしてまいります。


主要な機能:

  1. 画像投稿機能
    登録したユーザーは簡単な操作で自分で撮影した画像を投稿し、他のユーザーとシェアすることが可能です。
  2. リンク投稿機能
    画像、テキスト以外に、ニュースサイトやブログなどのURLを投稿することが可能です。自動的にページ内に存在する画像を検知して、画像と記事の一部とリンクを投稿します。
  3. 動画サイト対応
    上記のリンク投稿機能に、YouTube連携機能を付与しました。YouTubeの動画ページのリンクを投稿すると、Tokyo 100内で動画を閲覧させることが可能です。

現在、写真はソーシャルメディア上、非常に重要なコンテンツとして注目されています。Facebook上では毎日3億枚の写真が投稿され、ソーシャルメディア全体でも70%以上のトラフィックは写真をクリックすることから発生しています。米国で急成長中のPinterestを先頭に、様々な新しいソーシャルメディアやECが、画像共有型のトーン&マナーを採用し始めているのもそのためです。
Tokyo 100は、この最新のインターフェイスと快適な操作感を実現したファッションサイトとして、新しい価値を提供していく予定です。
今後も新機能を追加するとともに、消費者に楽しんでいただけるためのさまざまな企画を提案していきます。

株式会社高島屋と株式会社セレクトスクエアの業務・資本提携に関するお知らせ

2012年6月25日
株式会社高島屋
株式会社セレクトスクエア

株式会社高島屋(以下、高島屋)とネット通販サイトを運営する株式会社セレクトスクエア(以下、セレクトスクエア)は本日、業務・資本提携契約を締結しましたので、お知らせいたします。


1.業務・資本提携の背景と目的

高島屋は、ネット通販を軸としたクロスメディア事業(非対面販売事業)の成長戦略を推進しており、ネット通販売上高100億円を早期に実現すべく、成長著しいファッション関連商品の強化に向け、取組みを行っております。
また、セレクトスクエアは、ファッションモール型ネット通販サイトの草分け的存在として、2001年よりセレクトショップを中心としたブランドを多数扱うサイトの運営を行っており、ファッション感度の高い30代を中心とするお客様から高い支持を得て、売上を伸ばしております。
今般、両社が事業の更なる発展を進めていくためには、強固なパートナーシップの構築が不可欠と考え、業務・資本提携に至りました。

今回の提携により両社は、今後も成長が見込まれるネット通販市場において、百貨店・ファッション専門サイト双方の経営資源・ノウハウを生かした協業により高いシナジー効果を生み、お客様に対し新しい価値を提供することを目指してまいります。


2.業務提携の内容 

高島屋の「高島屋オンラインストア」の会員様(70万人)とセレクトスクエアのネット通販サイトの会員様(30万人)を相互に集客に結びつける取組みを実施する他、それぞれ異なる品揃えと相互のノウハウを融合することで、ネット通販事業をより一層強化してまいります。
また、両社は集客ルートの多元化とお客様への情報発信力の強化により、リアル店舗・ネット通販サイトへの集客増加を図ります。


3.資本提携の内容 

(1)高島屋によるセレクトスクエアの株式取得
2012年6月28日にセレクトスクエアの第三者割当による新株発行により、普通株式59,741株(セレクトスクエアの発行済株式総数の66.27%相当)を高島屋が引き受ける予定です。
※セレクトスクエアの発行済株式に対する割合は、第三者割当増資まで実行した際の発行済株式総数
90,152株を分母として計算しております。

(2)役員の派遣
高島屋からセレクトスクエアへ取締役2名と監査役1名を派遣する予定です。

以上によりセレクトスクエアは高島屋の連結子会社となる予定です。

トップへ

お気に入り

閉じる

アイテム

登録されていません。

ショップ

登録されていません。
戻る

性別

閉じる
戻る

カテゴリ

閉じる
クリア
戻る

ショップ

閉じる
クリア
戻る

ブランド

閉じる
戻る

カラー

閉じる
クリア
戻る

価格

閉じる
戻る

価格

閉じる
戻る

クーポン

閉じる
戻る

在庫

閉じる